国語の授業の板書の例

文章の構成図

文章の構造図

国語の教科書に乗っている文章などを、論理的に読み解ける様なテクニックを身につけます。

論理的な思考力を育てる学年ごとの学習指導計画概要

論理的な思考力を育てるには、思考力・判断力・表現力が基礎となる。その為には、テーマについて、まず自分で問題意識を持ち、資料を収集・吟味し、自分の考えを構築して書き表し、相手に伝えて更に考えを深める。この3つの学習が絡み合ってこそ論理的な思考力が身につけられる。

では、まず教科書教材をもとに、論理的な思考力を育てる学年ごとの学習計画概要を立ててみた。

低学年    教科書教材            主な指導内容
1年・・「しらせたいな、見せたいな」・見たこと気付いたことを順序よく書
かせ書く抵抗感をなくす
「じどうしゃくらべ」・・・・・・車の機能性に着目させ、自分でも気付
く力を付ける
「どうぶつの赤ちゃん」・・・・・それぞれの成長の違いに着目させ、知
的好奇心を持たせる

2年・・「たんぽぽのちえ」・・・・・・事柄の順序に気を付けて読み、知恵
の理由をとらえて自分の考えを持た
せる
「かんさつ名人になろう」・・・・観察したことを接続語を使って記録文
を書かせる
「こんなもの、見つけたよ」・・・はじめ・中・終わりの構成をとらえさ
せ、読み手にわかりやすく教える文章
を書かせる
「しかけカードの作り方」・・・・説明文には、どのような内容を書けば
いいのかをとらえさせ、段落構成の必
要性を考えさせる
「おもちゃの作り方」・・・・・・読み手が初めてでも自分で作れるよう
な作り方の説明文を書かせる

中学年
3年・・「こまを楽しむ」・・・・・・・説明文の段落構成をとらえさせ、問い
に対する答えの書き方を知って、自分
の考えを持たせる
「気になる記号」・・・・・・・報告文では、どのような構成が必要か
を考えさせ、記号についての自分で課
題を設定し、資料収集・選定し、段落
を構成し、記述・推敲し報告文を完成
させる
「すがたをかえる大豆」・・・・・説明文の段落構成で、はじめ・中
・終わりの書き方を理解させ、特
に中の書き方を中心に理解させる
「食べ物のひみつを教えます」・・・・自分で説明文を書く題材を選定し、
文章を書く手順を理解して説明文
を書かせる
「ありの行列」・・・・・・・・・・・観察文を文章全体の構成を考えな
がら読ませ、筆者の考えがどのよ
うに書き進められたかを理解さ
せて、自分でも読書紹介の文章を
書かせる
「しりょうから分かる、小学生のこと」・資料のみから読み取ったことを
相手に分かりやすく話すには、ど
のようなことに注意すべきかを理
解させ、自分で発表メモを作って
発表させる